義歯(入れ歯)

入れ歯について

現在、入れ歯には見た目や機能が優れたものが複数あります

当院にはご高齢の患者さんも多く、入れ歯の治療を行うことも多くあります。部分入れ歯については、まずは保険の入れ歯を使って違和感がないかを試していただくことが多いのですが、総入れ歯に関しては現在、自費を含めて複数の良い入れ歯があります。バネがなくて目立たないものだったり、素材が柔らかくて着け心地が良いものだったりと特徴は異なります。

患者さんの生活習慣や費用的な要望を踏まえて、どれが良いかをご提案します。話し合いながら決めていきましょう。

自費の入れ歯の一例

ノンクラスプデンチャー

金属バネがなく、見た目に優れています

柔らかく弾力性のある素材を使用しています。入れ歯を固定するための金属のバネがないために目立ちにくく、審美性に優れています。歯ぐきに密着して違和感が少ない、軽くて薄い、金属アレルギーの心配がないといったメリットもあります。

金属床

食事のときに温度をリアルに感じられます

入れ歯の土台となる床の部分が金属でできています。強度が高い分、薄くすることができ、違和感が少ないのが特徴です。熱が伝わりやすいので、食事のときに温度をリアルに感じられるほか、割れにくく変形しにくいといったメリットもあります。

24hネット予約